トルコリラの相場が動く要因

トルコリラは高金利通貨として注目されていますが、そのトルコリラの相場を動かす要因はいくつかありますので、お伝えをしていきます。
まず、最もトルコリラの相場を動かす要因として大きいのが政策金利の変動によるものです。



先ほどもお伝えをした通り高金利通貨として取引がされていますので、当然政策金利への注目が最も高くなります。一般的にマクロ系ヘッジファンドの多くが金利を目的として長期的な運用を行っています。
その結果として方向性のあるトレンドが形成されていきますが、全てのヘッジファンドが運用利益に満足しているとは限りませんので、利下げが行われれば、別の運用方法に資金を移動させるファンドも現れてきますので、相場が下がる可能性があります。
次に、トルコは地理的にギリシャと隣接している為、ギリシャの信用不安はトルコリラの下落につながってしまいます。

経済的な結びつきも強いのでお互いに依存している関係ですが、特に近年ではトルコはユーロ圏の生産工場としての役割も強くなっていますので、ユーロ圏が政情不安に陥ればトルコの輸出も減少してしまいます。



最後にトルコが高金利政策を打ち立てた背景にはトルコのハイパーインフレの抑制がありました。
ですので、再びインフレ率が上昇するようであれば、市場では金利の引き上げが予測されていきますので、相場の変動にも大きく関わってきます。

お手軽にAll Aboutのことならお任せください。

以上がトルコリラの相場変動に影響する要因となっていますので、取引をしている方はこれらの情報はニュースや新聞などでチェックするようにしてください。

top